阿蘇温泉病院
診療科・部門紹介

栄養科

栄養科理念

  • 患者様にとって食事は治療の一つであることを認識する
  • 可能な限り個人の嗜好に合った食事の提供に努める
  • 患者様のベットサイドへ他職種との連携をとる

概要

栄養科栄養科では医療の一環として医師の指示の基、患者様に合わせた適切な食事を提供し、患者様の治療と回復をお手伝いしています。
入院患者様は病気や嚥下障害、咀嚼困難、精神面等により様々な食事に対する問題を抱えています。例えば病気により、塩分制限、糖質制限などが必要なりますが、美味しくない食事はお腹を満たしても心は満たしてくれません。制限ある方でも美味しく食べていただけるよう配慮しております。アレルギーを持たれたり、色々な疾患の影響で食欲が低下する患者様には患者様の元へ管理栄養士が訪問し、個別対応を行っています。
適切な栄養量を補給できるように摂食嚥下機能(噛んだり飲み込んだりする力)や嗜好などを考慮し,食事内容の調整も行っています。

入院患者様の栄養指導はベットサイド、または栄養指導室にて行います。
また当院は透析の患者様も多く、透析に通院されている患者様に対する栄養指導については透析室にて実施しています。毎月2回行われる生化学の検査値をもとに、その患者様にあったパンフレットを作成し,紹介しています。パンフレットには献立例も掲示し、旬の食材の取り方なども紹介しています。透析室のスタッフにも協力してもらい、患者様の状態の把握に努め、よりよいお話ができるように心がけています。

さらに阿蘇に唯一の産婦人科を有する病院ですので、母親学級や妊婦さんに対する栄養指導も行っています。

特色

栄養科長い入院生活を過ごされる方も多く、月に1回は行事食を取り入れ楽しみをもっていただけるようにしています。
旬の食材の使用や調理方法により季節を感じていただけるよう配慮しております。