阿蘇温泉病院
診療科・部門紹介

内視鏡センター

阿蘇温泉病院 内視鏡センター

阿蘇温泉病院内視鏡室は2009年1月に移転、拡張して内視鏡センターとしてリニューアルオープンいたしました。

当内視鏡センターでは熟練した医師、内視鏡技師、スタッフで主に上部消化管(食道・胃・十二指腸)、下部消化管(大腸)の内視鏡検査および治療、膵管・胆管の造影検査および治療、胃瘻造設などを行っています。また皆様に、より安心でき快適な検査環境をご提供するため、広い待合室、前処置室、回復室を完備しております。

当センターでは患者さまの安全を第一と考えて、血圧、呼吸状態をモニターしながら検査・治療を行っています。 また、内視鏡の洗浄・消毒は、個々の検査ごとに専門のスタッフによる入念な手洗い施行後、再度最新の自動洗浄機(オリンパス社製OER-4)を用いて洗浄・消毒を徹底しています。 そうすることにより種々の細菌、ウイルスなどの感染の危険性や機会を極力少なくすることで、皆様により安心できる内視鏡検査を実現しています。

主な検査内容

  1. 上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)
    のど・食道・胃・十二指腸の一部を観察します。胃炎、潰瘍、ガンなどが診断できます。
  2. 下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)
    大腸全体・小腸末端を観察します。検査時にポリープ切除も可能です。
  3. 内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査(ERCP)
    内視鏡を用い、膵管・胆管・胆嚢をレントゲン写真に写し出す検査です。結石、ポリープ、ガンなどの診断および治療が可能です。
  4. 内視鏡下胃瘻造設術(PEG)
    いろんな病気により口からの食事摂取が困難となった方に栄養剤投与のためのおなかの穴(胃瘻)を内視鏡を使って造る手術です。