坂梨会について

理事長挨拶 | 総院長挨拶 | 院長挨拶

理事長挨拶

医療法人社団 坂梨会は、昭和49年に有床診療所「坂梨内科医院」として開設し、以来、『よりよき人間性を よりよき環境を よりよき医療・介護を』の理念のもと、阿蘇地域の皆様が安全に安心して過ごしていただけるよう努力してまいりました。
現代の超少子高齢化社会の中、阿蘇地域などの過疎中山間地では、地域経済の担い手である若者の減少が続いており、高齢者の皆様が助け合いながら地域社会を守っていかなければならない厳しい状況を迎えております。
こうした中にあって、当会は阿蘇地域にとって数少ない若者の雇用の場として、また、阿蘇地域の皆様にとって信頼できる医療・介護・福祉分野の中核的機関として、さらに大きな役割を担う存在へと成長することが期待されていると考えます。

そうした期待に応えるために、
1.医療の面では、救急告示病院・病床数260床の「阿蘇温泉病院」、
緩和ケア病棟・透析センターの「桃花水」、

2.介護の面では、通所リハビリテーション・入所の介護老人保健施設「愛・ライフ内牧」、
居宅介護支援・訪問介護・訪問看護の「春草苑」、デイサービスセンター「宝泉郷」、

3.福祉の面では、ケアハウス「茶寿苑」がサービスを提供しています。

また、平成27年には、阿蘇温泉病院に地域包括ケア病棟を新設し、医療面の充実を図り、平成28年には、くまもとアートポリスプロジェクト『みんなの家』への参加で、『みんなの家』機能を有する愛・ライフ内牧デイケア施設別棟を開設し介護面の充実を図り、平成29年には、介護のさらなる充実のため住宅型有料老人ホーム「みずあさぎ」を開設しました。

地域の皆様、そして医療機関や行政機関のご指導と御支援を頂きながら、皆様方に信頼される存在であり続けるよう努力を重ね、従来にも増して医療・介護・福祉における上質なサービスを地域の皆様方に提供し、「阿蘇温泉病院があって良かった」「愛・ライフに行って良かった」など嬉しいお声が頂けるよう全職員が一丸となって邁進し、頑張って参りますので、宜しくお願いいたします。

医療法人社団坂梨会理事長

topへ

総院長挨拶

総院長この度は、当院のホームページを御覧頂き誠にありがとうございます。
当院は、阿蘇の大自然に囲まれた閑静な場所に位置する病床数260の総合病院です。

内科救急指定病院ですが、阿蘇地区で唯一の産科および緩和病棟を有し、小生が担当する血液透析治療にも力を入れています。

〝患者様のため、地域のため〟をモットーに職員一丸となって頑張っておりますので、皆様方の御理解・御協力を賜りますようお願い申し上げます。

総院長 下村貴文

topへ

院長挨拶

院長2019年12月1日より阿蘇温泉病院管理者・ 病院長に就任致しました横山芳樹です。よろしくお願いいたします。

2019年10月に【耳鼻咽喉科】、2020年1月からは【整形外科・神経内科】の常勤医を擁して、より幅広い疾患に対応可能になりました。また、私たち阿蘇温泉病院を中心とした坂梨会グループは緩和ケア・透析治療に特化した「桃花水」、介護老人保健施設である「愛・ライフ内牧」、居宅介護支援・訪問介護・訪問看護である「春草苑」、デイサービスの「宝泉郷」、住宅型有料老人ホームの「みずあさぎ」、そしてケアハウス茶寿苑と多くの施設を運営し、病気の治療だけでなく、生活そのものも支えていくシステムを構築しています。

近年の病院をとりまく医療状況は看護・介護における人材不足などきびしいものがあり、今後も楽観視は許されず、身の引き締まる思いです。しかし、こんな時こそ、基本に立ち返り熊本地震で学んだ『人に寄り添う医療』を再確認して、阿蘇地域住民の皆様の健康福祉に貢献すべく取り組んでいく所存です。

坂梨会グループをどうぞよろしくお願いいたします。

院長 横山芳樹

topへ